ひとりの木、考古学とは

「ひとりの木、考古学」の目的

「ひとりの木、考古学」は、来訪者に知識も快感をあたえられません。与えられるものと言えば、色眼鏡しかないのです。

ぼくは考古や歴史というをはめています。その眼鏡というフィルターを通して見える世界を、ここで書き表します。

ここで書かれた世界は、来訪者にとっての色眼鏡になることを望んでいるのです。

来訪者は、ここへふとしたときにきて、ある色眼鏡を手に入れ、いつも見ている世界を違ったように見る。そして色眼鏡をはずし、いつもの裸眼、または眼鏡からその風景をもう一度見て、あの色眼鏡が見せた風景は何であったのか、を考え「ひとりの木」を育ててほしいのです。それがこのブログの目的になります。

ぼくのモットーは、いつもの風景を違った眼鏡で見ること。

このブログが、来訪者へ色眼鏡を提供できるように、努力します。

書く内容はいろいろ。

映画から立脚することもあれば、ぼくの記憶から想起することなどなど。基本的には散文的、突発的なものが多くなると思いますが、いつかそれらを木のような“つながり”をもつまとまった文章にしたいと思っています。

おもしろいと思ったらSNSで拡散をしてもらえると嬉しいです。なぜなら、ぼくはこのブログを考古学関係者のみに読んでほしいとは思っているわけではなく、より外部、より無関係なひとびとに偶然的に届くことを願っているからです。

そしていろいろと皆さんが住んでいる世界から何が見えるか教えてください。

投げ銭のお願い

このブログの維持にもお金がかかりますし、本などを購入することなどもありますから文書を書くにもお金がかかります。そこで投げ銭機能を導入しました。経済的余力がある方ご協力お願いします。

この続きはcodocで購読

歴史と考古という眼鏡をかけているひと。 その眼鏡ごしに見た世界をここで書き表して、来訪者のみなさんに色眼鏡として提供したいと考えています。
>「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

このブログは、来訪者のみなさんに、ぼくの眼鏡で見た世界を書き表すことによって、色眼鏡を提供すること、それを目的としています。 世界は、正方形でも、まんまるの球体でもありません。見方によって世界は変化します。色眼鏡をかけることによって、それが促されるのです。その色眼鏡をはずし、元の世界をみたとき、あの色眼鏡が見せた世界は何であったのかを考え、「ひとりの木」を育ててほしいと思います。それがこのブログの目的です。

CTR IMG