CATEGORY

雑談します

透明人間

ある日の金曜ロードショー 2019年8月16日の金曜ロードショーで宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が放映された、放映開始時間は8時からだったが、普通に考えて開始時間が早すぎる。「千と千尋の神隠し」であれば、通常放映開始時刻の9時で大丈夫なはず。と疑問に思っていた。しかし、「千と千尋の神隠し」の放映が終了すると、実質スタジオジブリの後継社であるスタジオポノックが製作した短編アニメーションの放映が開始 […]

クラシック音楽化する映画たち

はじめに さて今回は、先日アマゾンプライムでドキュメンタリーを見ていた時に、2016年に公開されたゴーストバスターズのCMを見たことをきっかけにしています。最近2.30年前に公開された映画のリブートやリメイク、新たなシリーズの追加が多いなと感じませんか? なぜ今(最近)さまざまな名作映画がリブートされリメイクされるのかを、クラシック音楽の構造を投影させて考えていきたいと思います。 この投稿に関して […]

さて、どうしようか?

久々の投稿 さて、本来なら先々週の水曜日に考古学に関する文章を投稿する予定でした。そのため「考古学とは?」という第一段目の考古学に関する文章はもうほぼ完成しています。ちなみに、その文章では考古学の目的について書いていて、恐竜や宝探しや冒険と考古学の関係性についても書いています。 しかし、この投稿は見送りました。その理由をこの投稿で述べていきたいと思います。 考古学の奥深さを実感。。 非常に情けない […]

投稿について

このブログについて このブログについて、いろんなことを考えます。どうやっていけばいいのか、どう書けば伝わるのか、そもそもブログでいいのか、YouTubeのほうがよくないか、などなど。 しかし、ぼくはブログという形式を選択しました。その理由にはYouTubeの場合、編集や機材といった、自分にとってあまりにも未知の領域があるため、比較的慣れ親しんだ、文字を主体にしようと考えました。 投稿について この […]

>「ひとりの木、考古学」は、考古学的な視線を現代に生かすことを目的としています。

「ひとりの木、考古学」は、考古学的な視線を現代に生かすことを目的としています。

考古学、それはかつての人間(ヒト)によって残されたモノを観察し、そこから忘れ去られた、なにか(行為や情景などなど)を呼び覚ます学問です。そのため、一般的に考古学は人文学、特に歴史学の中に含まれます。 歴史学に含まれるという学問的性質上、考古学者はよく過去に囚われてしまうのです。このブログは過去に囚われない考古学を構築し、現代へとその視線を広げます。

CTR IMG