CATEGORY

考古学からみた世界

首里城が燃えた日

首里城が燃えた。そしてそれに悲しみを抱いている人たちがいる。ぼくはその光景にフランスのノートルダム大聖堂の焼失を思い出す。

映画タイタニックをみて思う。ひとびとの生と死、そしてその痕跡。

セリーヌ・ディオン ぼくはこの世界で一番歌が上手いひとは、セリーヌ・ディオン(Celine Dion)だと思っている。彼女の声帯やその他の体のつくりは天賦の才に満ちている。その彼女の歌曲の中でもっとも有名かつ、歌唱力が必要とされる曲のひとつが、この投稿のタイトルにある映画タイタニック(監督:ジェームズ・キャメロン 1997年公開)の主題歌“My Heart Will Go On”だろう。 ここ最近 […]

考古学:リアルとフィクションをつなぐもの②―恐竜とジョーンズを素材に―

なかつぎ さて、ここからフィクションな考古学について書いていく。前の投稿である—漢字の問題—で述べた問題はこの投稿の最後らへんにもう一度召喚されるので、そちらを先に読んでもらいたい。 このフィクションな考古学というイメージは、もともとぼく自身の体験から生じた概念である。 フィクションな考古学 ぼくはよく考古学をやっていると言うと、「恐竜やっているんだ」と言われたり、むかし遺跡発掘調査の説明会で、こ […]

考古学:リアルとフィクションをつなぐもの①―考古学という漢字の問題―

はじめに 「考古学と聞くと一般の方々はなにをイメージするんだろ?」 ぼくは学生時代に一般向けの博物館展示をいくどか企画実施したことがある。そのとき考えるのがこの疑問だ。それについてぼくはこう考えている。考古学にはさまざまな側面があり、その多様性から考古学という学問のリアルなさまとは違った、イメージがふわふわと浮遊している。と。 この投稿と次の投稿では、そのふわふわとしたイメージとして存在する考古学 […]

>「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

このブログは、来訪者のみなさんに、ぼくの眼鏡で見た世界を書き表すことによって、色眼鏡を提供すること、それを目的としています。 世界は、正方形でも、まんまるの球体でもありません。見方によって世界は変化します。色眼鏡をかけることによって、それが促されるのです。その色眼鏡をはずし、元の世界をみたとき、あの色眼鏡が見せた世界は何であったのかを考え、「ひとりの木」を育ててほしいと思います。それがこのブログの目的です。

CTR IMG