ひさしぶり、今後

目次

hello!!

最近、更新していなかったけれど、無事Twitterもこのブログも復活させる気力が少しずつ湧いてきて、何とか勉強をすることができるようになってきました。

そこで、できるかぎり、この空間を維持、継続していきたいと思っています。

ですが、いろいろと心情が変化したので、ちょっとまとまった文章を用意しようかと準備中です。歴史と考古の普遍性とその根源。そして2010年代について書こうと思っています。

いちおうここで、簡単に今後やろうとしていることを箇条書きにしておくと、

・考古学をより日常レベルでする

・考古学を自由で新しい文体で語る

・ぼくなりの歴史観を追求し、考古学的思考の普遍性を考える

・無意味であることの意味

3.11後の世界で生きること

・考古学関係者にむけて書かない

ってことになります。

それらをどうにかまとまったものにしたいと考え勉強中。とりあえず、次回すこしまとまった文章を書こうと思いますが、いつになるかはわかりません。

もし興味があれば読んでください。それまで。

 

ゆるくの最新記事8件

>「ひとりの木、考古学」は、考古学的な視線を現代に生かすことを目的としています。

「ひとりの木、考古学」は、考古学的な視線を現代に生かすことを目的としています。

考古学、それはかつての人間(ヒト)によって残されたモノを観察し、そこから忘れ去られた、なにか(行為や情景などなど)を呼び覚ます学問です。そのため、一般的に考古学は人文学、特に歴史学の中に含まれます。 歴史学に含まれるという学問的性質上、考古学者はよく過去に囚われてしまうのです。このブログは過去に囚われない考古学を構築し、現代へとその視線を広げます。

CTR IMG