おすすめ投稿

NO IMAGE

ここではおすすめの投稿を紹介します。

まずひとりの木の考えを紹介した投稿

ひとりの木とは

歴史はなぜ可能か、そしてなぜ過去や歴史は忘れられるのか、なにより忘れることは本当に悪いことなのかについて書いたものです。タイトルの「澪標」(みおつくし)は船の道しるべのことで、このブログの道しるべになるだろうとこの名前を付けました。

澪標1 歴史

この投稿では、映画タイタニックを素材として考古学が語り得る歴史について書きました。

映画タイタニックをみて思う。ひとびとの生と死、そしてその痕跡。

この投稿ではフィールドワークから東京都東村山市に所在する国立ハンセン病資料館の履歴をさぐりました。

ちょっと東京へ① 国立ハンセン病資料館へいく

この投稿で、はじめて埋立地をとして使用しました。

台風19号から。ホームレスと埋立地

ちなみに埋立地へ意識を向けたのがこのふたつこの投稿です。

非考古学ボーイ↔音楽

伊勢湾台風から60年とのこと

 

>「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

「ひとりの木、考古学」は、色眼鏡を提供します。

このブログは、来訪者のみなさんに、ぼくの眼鏡で見た世界を書き表すことによって、色眼鏡を提供すること、それを目的としています。 世界は、正方形でも、まんまるの球体でもありません。見方によって世界は変化します。色眼鏡をかけることによって、それが促されるのです。その色眼鏡をはずし、元の世界をみたとき、あの色眼鏡が見せた世界は何であったのかを考え、「ひとりの木」を育ててほしいと思います。それがこのブログの目的です。

CTR IMG